レガシィツーリングワゴンについて

私はちょうど2年前にレガシィツーリングワゴン2.0GTスペックB(4代目 BP5 2007年式)を購入しました。購入を検討する前に新車にするか、中古車にするかという考えが頭に浮かびましたが、当時私の支払い能力を考えた時に新車で販売している車で欲しい車がなく、また同じ値段では、新車より中古車を探した方が装備の充実した車を手に入れられるため、中古車を選ぶことにしました。私は以前から車についての知識はかなりあったので、特に何か外部の情報に頼らずにほとんど自分の価値観のみで車選びをしました。まず、メーカーについてですが、私はブランドというよりもそれぞれの車種の良し悪しを気にしていた為、さほど気にしませんでした。車のタイプはスポーツカータイプで居住性もそれなりに良いものを中心に考えました。本当はRX-7などの真のスポーツカーが欲しかったのですが、長く使う事を考えて、実用性を重視しました。具体的に選んだ基準としては、4ドアであるセダンやステーションワゴンやハッチバック、パフォーマンス面ではターボ車や大排気量NAなどのハイパワー車でした。この2つの条件だけでかなり購入対象を絞る事ができ、さらにデザインや駆動方式などを考慮して、購入対象を4代目レガシィツーリングワゴンに絞りました。様々な販売店を探して見つけた車が、販売価格170万円、走行距離5万km、2Lターボ、駆動方式は4WD、18インチホイール、ビルシュタインサスペンション、マッキントッシュオーディオ、大型サンルーフと、性能も装備も素晴らしく購入を決めました。購入してから2年間で4万km近く乗りましたが、とても良い車です。街乗りのエンジン回転数が低い状態ではとても静かですが、回転数を上げるとボクサーエンジンが荒々しい唸りをあげ、高級車としての性格とスポーツカーとしての性格のどちらも楽しむ事が出来ます。ひとたびアクセルを踏み込むと恐ろしいほどの加速Gを体感する事が出来ます。高速域での安定性も素晴らしいものです。この辺りはさすがスポーツカーという感じです。また4WDで車重が軽いので雪道でも力強い走りをします。そしてステーションワゴンなので荷室の広さにも満足です。様々な魅力を持った車であり、もうすぐ10年落ちの車となりますが、全く手放すつもりはありません。今後も末永く付き合っていきたい名車です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です